1. メタルマッスルHMB
  2. 軽い負荷の筋トレの方法・効果

軽い負荷の筋トレの方法・効果

黒子

筋トレと一口に言っても、種目や方法によってその負荷は様々。自分の力を限界まで引き出すような筋トレがある一方、半分程度の力でクリアできるトレーニングも存在します。今回は軽い負荷の筋トレを行う方法とその効果を紹介しましょう。

軽い負荷の筋トレの方法

軽い負荷の筋トレと聞いて真っ先に思いつくのはバーベルなどの重さを軽めにすることですね。たとえば、あなたは最大限の力を発揮すれば50kgのバーベルを持ち上げられるとしましょう。

しかし、50kgのバーベルを使ってしまえば力を発揮せざる得なくなり、体に大きな負荷がかかってしまいます。そこで、バーベルの重さを20kg程度に落としてみてください。こうすれば半分以下の力で筋トレを行うことが、簡単に言えば軽い負荷を体に与えつつトレーニングを進められるわけです。また、筋トレにある程度慣れた方なら腹筋や腕立ても負荷の軽い部類に入るかもしれませんね。

バーベルを使わなければスクワットも十分に軽い運動と言えるでしょう。ジョギングなども負荷は軽いものの、これは有酸素運動なので筋トレと呼べるか微妙なところ。やはり重さを調整するのが最も簡単で負荷をコントロールしやすそうです。

軽い負荷の筋トレの効果

あまりに軽すぎる負荷は別として、それなりの負荷がかかっていれば軽い筋トレでも筋肉にアプローチできますよ。ある意見では大きな筋肉をつけたい時には高負荷のトレーニングを、スリムになりたい時には軽い負荷のトレーニングをと言われることもあります。

もちろん、軽い負荷の場合は重い負荷よりも回数をこなす必要はありますが、持久力アップにもつながるでしょう。体を引き締めて持久力をつけたい時には軽い負荷の筋トレを選ぶのも良いと思います。後は合う合わないですね。

高負荷のトレーニングが嫌で仕方がないのなら、モチベーションを上げるために軽い負荷のトレーニングに移行するのもありでしょう。実際、軽い負荷を回数こなす方が好きという方は多く存在しています。

軽すぎる負荷では効果が薄い

軽い負荷の筋トレにも効果があると説明しましたが、軽すぎる負荷の筋トレはだめですよ。先ほども言ったように軽すぎる負荷の筋トレはもはや有酸素運動です。

有酸素運動がいけないとはいいませんが、筋トレかと言われると微妙なところ。負荷が極端に低いと時間に対する効率もよくありません。軽い負荷の筋トレは、どのくらい負荷を落とすかが大切。まずはいろいろと試してみてください。

【次の記事】
キツイけど効果の高い筋トレの方法

【人気のサプリ】
メタルマッスルHMBの本音の口コミ

© 2017 メタルマッスルHMBの本音の口コミ All Rights Reserved.